Technology

ぶつからない世界を実現する“超高速3次元画像認識技術”

SRIM Technology
ステレオカメラ研究の第一人者が目指す「最先端の衝突防止技術を全世界に!」
2つの目を持つ動物が進化の過程で得た
   応用範囲の広い “最高精度の距離測定システム”
その全視野の測距精度を最大限に活かす
 “超高速3次元画像認識技術”の実用化を目指します
■ SRIM ( Stereo Range Imager ) Technology 超高速全視野測距技術

▲距離計算結果の視差画像

距離に応じて色分けされた画像情報

 

ITD Labは、弊社CTOの実吉が東工大研究室で長い年月をかけて研究してきた “ステレオカメラによる立体画像認識技術”のFPGA化に成功
さらに、ITD Labのトップレベルのエンジニア達はFPGAの特性を最大限に引き出すため、パラレルパイプライン処理による“全視野瞬時距離測定技術”の超高速化に挑戦、 高速化が進むこれからのモビリティ社会の様々な要求に応える“ SRIM Technology ”の進化を目指しています
■ ADAS ( Advanced Driver Assistant System )
ステレオカメラ3次元距離測定技術SRIM Technologyを応用して、走行中の車の前方に現れる歩行者や車、障害物や白線などを自動検知し、ドライバーに 迫りくる危険を瞬時に見極めて警告し、ドライバーの安全運転をサポートするシステムです

 

 

超高速3次元距離測定技術 SRIM Technology 搭載
Intelligent Stereo Camera

■なぜ、ステレオカメラか?

ステレオカメラは、画像処理を通して人の目と同様にあらゆる立体物を認識します
ステレオカメラ方式の「衝突防止システム」は、物体依存性が殆ど無く、高速で位置や形状、相対速度が正確に検出できます

当社ISCステレオカメラ A:単眼カメラ B:LIDAR C:ミリ波レーダー
 立体認識 全ての立体物 モデル物体のみ 反射率の高い物体 反射率の高い物体
 距離制度 100m±2m 25m±0.08m 100m±10m 25m±0.5m 全域で±0.1m 全域で±0.2m
 視野角 40°~ 120° 40° 20° 10°
 検出速度 60fps(160fpsまで可) 30fps 10fps 15~20fps
 車線検出 白線・ガードレール検出可 白線のみ検出 不可 不可
 物体分離 物体境界線検知で優位 検出可だが劣位 応答速度遅い 精度は低い
 コスト A/B/Cより安価 Cと同等で高価 スキャン型は高価 高価
 取付け易さ 自動調整機能があり容易 熟練者で数時間 角度調整に時間 角度調整に時間
■ ITD Lab ISC (Intelligent Stereo Camera) の特長

高速物体認識機能、自動調整機能、自己位置認識機能を持った
独自開発の“SRIM Technology”を搭載することにより、他社ステレオカメラを凌駕する性能を実現します

SteroCamera性能比較
当社ISCステレオカメラ A社車搭載カメラ B社ステレオカメラ
 自己位置認識 × ×
 3次元地図生成 × ×
 自動調整機能 ◎GOOD △POOR ×
 検出速度・応答性 ◎60fps ~ 160fps ○30fps △30fps以下
 取付けと調整 ◎取付け後、調整不要 ×後付けは不可 △熟練度が必要
 処理スピード指標 ◎500 ○100 ×30~50
 コスト指標 ◎50~80 ○100 △200以上

 

お問い合わせ・お見積りはここをクリック